万葉集864番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集864番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集864番について

歌番号

864番

原文

於久礼為天|那我古飛世殊波|弥曽能不乃|于梅能波奈尓<忘>|奈良麻之母能乎

訓読

後れ居て長恋せずは御園生の梅の花にもならましものを

かな読み

おくれゐて|ながこひせずは|みそのふの|うめのはなにも|ならましものを

カタカナ読み

オクレヰテ|ナガコヒセズハ|ミソノフノ|ウメノハナニモ|ナラマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

OKUREITE|NAGAKOHISEZUHA|MISONOFUNO|UMENOHANANIMO|NARAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

okureite|nagakohisezuha|misonofuno|umenohananimo|naramashimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

書簡|大伴旅人|梅花宴|唱和|植物|贈答|恋情

校異

私->袪【細】|->憶【西(右書)】【紀】【細】|花->苑【細】|戚->感【代匠記精撰本】|誠【紀】【細】【温】々|心【紀】【細】【温】々|歌【西】謌【西(訂正)】歌|母->忘【類】【細】

寛永版本

おくれゐて[寛],
ながこひせずは,[寛]なかこひせすは,
みそのふの[寛],
うめのはなにも[寛],
ならましものを[寛],

巻数

第5巻

作者

吉田宜

タイトルとURLをコピーしました