万葉集806番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集806番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集806番について

歌番号

806番

原文

多都能馬母|伊麻勿愛弖之可|阿遠尓与志|奈良乃美夜古尓|由吉帝己牟丹米

訓読

龍の馬も今も得てしかあをによし奈良の都に行きて来むため

かな読み

たつのまも|いまもえてしか|あをによし|ならのみやこに|ゆきてこむため

カタカナ読み

タツノマモ|イマモエテシカ|アヲニヨシ|ナラノミヤコニ|ユキテコムタメ

ローマ字読み|大文字

TATSUNOMAMO|IMAMOETESHIKA|AONIYOSHI|NARANOMIYAKONI|YUKITEKOMUTAME

ローマ字読み|小文字

tatsunomamo|imamoeteshika|aoniyoshi|naranomiyakoni|yukitekomutame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

書簡|枕詞|望郷|恋情|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|太->大【細】【温】

寛永版本

たつのまも[寛],
いまもえてしか[寛],
あをによし[寛],
ならのみやこに[寛],
ゆきてこむため[寛],

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました