万葉集875番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集875番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集875番について

歌番号

875番

原文

由久布祢遠|布利等騰尾加祢|伊加婆加利|故保斯<苦>阿利家武|麻都良佐欲比賣

訓読

行く船を振り留みかねいかばかり恋しくありけむ松浦佐用姫

かな読み

ゆくふねを|ふりとどみかね|いかばかり|こほしくありけむ|まつらさよひめ

カタカナ読み

ユクフネヲ|フリトドミカネ|イカバカリ|コホシクアリケム|マツラサヨヒメ

ローマ字読み|大文字

YUKUFUNEO|FURITODOMIKANE|IKABAKARI|KOHOSHIKUARIKEMU|MATSURASAYOHIME

ローマ字読み|小文字

yukufuneo|furitodomikane|ikabakari|kohoshikuarikemu|matsurasayohime

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

山上憶良|鏡山|唐津|大伴佐提比古|松浦佐用姫|領布振伝説|地名

校異

古->苦【京】

寛永版本

ゆくふねを[寛],
ふりとどみかね,[寛]ふりととみかね,
いかばかり,[寛]いかはかり,
こほしくありけむ[寛],
まつらさよひめ[寛],

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました