万葉集887番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集887番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集887番について

歌番号

887番

原文

多良知子能|波々何目美受提|意保々斯久|伊豆知武伎提可|阿我和可留良武

訓読

たらちしの母が目見ずておほほしくいづち向きてか我が別るらむ

かな読み

たらちしの|ははがめみずて|おほほしく|いづちむきてか|あがわかるらむ

カタカナ読み

タラチシノ|ハハガメミズテ|オホホシク|イヅチムキテカ|アガワカルラム

ローマ字読み|大文字

TARACHISHINO|HAHAGAMEMIZUTE|OHOHOSHIKU|IZUCHIMUKITEKA|AGAWAKARURAMU

ローマ字読み|小文字

tarachishino|hahagamemizute|ohohoshiku|izuchimukiteka|agawakaruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大伴熊凝|追悼|哀悼|行路死人|儒教|孝養|無常

校異

特に無し

寛永版本

たらちしの[寛],
ははがめみずて,[寛]ははかめみすて,
おほほしく[寛],
いづちむきてか,[寛]いつちむきてか,
あがわかるらむ,[寛]あかわかるらむ,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました