万葉集893番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集893番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集893番について

歌番号

893番

原文

世間乎|宇之等夜佐之等|於母倍杼母|飛立可祢都|鳥尓之安良祢婆

訓読

世間を憂しとやさしと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば

かな読み

よのなかを|うしとやさしと|おもへども|とびたちかねつ|とりにしあらねば

カタカナ読み

ヨノナカヲ|ウシトヤサシト|オモヘドモ|トビタチカネツ|トリニシアラネバ

ローマ字読み|大文字

YONONAKAO|USHITOYASASHITO|OMOHEDOMO|TOBITACHIKANETSU|TORINISHIARANEBA

ローマ字読み|小文字

yononakao|ushitoyasashito|omohedomo|tobitachikanetsu|torinishiaraneba

左注|左註

山上憶良頓首謹上

事項|分類・ジャンル

社会性|国司|貧窮

校異

特に無し

寛永版本

よのなかを[寛],
うしとやさしと[寛],
おもへども,[寛]おもへとも,
とびたちかねつ,[寛]とひたちかねつ,
とりにしあらねば,[寛]とりにしあらねは,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました