万葉集891番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集891番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集891番について

歌番号

891番

原文

一世尓波|二遍美延農|知々波々袁|意伎弖夜奈何久|阿我和加礼南|[一云|相別南]

訓読

一世にはふたたび見えぬ父母を置きてや長く我が別れなむ|[一云|相別れなむ]

かな読み

ひとよには|ふたたびみえぬ|ちちははを|おきてやながく|あがわかれなむ|[あひわかれなむ]

カタカナ読み

ヒトヨニハ|フタタビミエヌ|チチハハヲ|オキテヤナガク|アガワカレナム|[アヒワカレナム]

ローマ字読み|大文字

HITOYONIHA|FUTATABIMIENU|CHICHIHAHAO|OKITEYANAGAKU|AGAWAKARENAMU|[AHIWAKARENAMU]

ローマ字読み|小文字

hitoyoniha|futatabimienu|chichihahao|okiteyanagaku|agawakarenamu|[ahiwakarenamu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大伴熊凝|追悼|哀悼|行路死人|儒教|孝養|無常

校異

特に無し

寛永版本

ひとよには[寛],
ふたたびみえぬ,[寛]ふたたひみえぬ,
ちちははを[寛],
おきてやながく,[寛]をきてやなかく,
あがわかれなむ,[寛]あかわかれなむ,
[あひわかれなむ][寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました