万葉集888番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集888番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集888番について

歌番号

888番

原文

都祢斯良農|道乃長手袁|久礼々々等|伊可尓可由迦牟|可利弖波奈斯尓|[一云|可例比波奈之尓]

訓読

常知らぬ道の長手をくれくれといかにか行かむ糧はなしに|[一云|干飯はなしに]

かな読み

つねしらぬ|みちのながてを|くれくれと|いかにかゆかむ|かりてはなしに|[かれひはなしに]

カタカナ読み

ツネシラヌ|ミチノナガテヲ|クレクレト|イカニカユカム|カリテハナシニ|[カレヒハナシニ]

ローマ字読み|大文字

TSUNESHIRANU|MICHINONAGATEO|KUREKURETO|IKANIKAYUKAMU|KARITEHANASHINI|[KAREHIHANASHINI]

ローマ字読み|小文字

tsuneshiranu|michinonagateo|kurekureto|ikanikayukamu|karitehanashini|[karehihanashini]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大伴熊凝|追悼|哀悼|行路死人|儒教|孝養|無常

校異

特に無し

寛永版本

つねしらぬ[寛],
みちのながてを,[寛]みちのなかてを,
くれくれと[寛],
いかにかゆかむ[寛],
かりてはなしに[寛],
[かれひはなしに][寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました