万葉集874番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集874番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集874番について

歌番号

874番

原文

宇奈波良能|意吉由久布祢遠|可弊礼等加|比礼布良斯家武|麻都良佐欲比賣

訓読

海原の沖行く船を帰れとか領巾振らしけむ松浦佐用姫

かな読み

うなはらの|おきゆくふねを|かへれとか|ひれふらしけむ|まつらさよひめ

カタカナ読み

ウナハラノ|オキユクフネヲ|カヘレトカ|ヒレフラシケム|マツラサヨヒメ

ローマ字読み|大文字

UNAHARANO|OKIYUKUFUNEO|KAHERETOKA|HIREFURASHIKEMU|MATSURASAYOHIME

ローマ字読み|小文字

unaharano|okiyukufuneo|kaheretoka|hirefurashikemu|matsurasayohime

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

山上憶良|鏡山|唐津|大伴佐提比古|松浦佐用姫|領布振伝説|地名

校異

特に無し

寛永版本

うなはらの[寛],
おきゆくふねを[寛],
かへれとか[寛],
ひれふらしけむ,[寛]ひれふらしなむ,
まつらさよひめ[寛],

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました