万葉集819番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集819番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集819番について

歌番号

819番

原文

余能奈可波|古飛斯宜志恵夜|加久之阿良婆|烏梅能波奈尓母|奈良麻之勿能怨[豊後守大伴大夫]

訓読

世の中は恋繁しゑやかくしあらば梅の花にもならましものを[豊後守大伴大夫]

かな読み

よのなかは|こひしげしゑや|かくしあらば|うめのはなにも|ならましものを

カタカナ読み

ヨノナカハ|コヒシゲシヱヤ|カクシアラバ|ウメノハナニモ|ナラマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

YONONAKAHA|KOHISHIGESHIEYA|KAKUSHIARABA|UMENOHANANIMO|NARAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

yononakaha|kohishigeshieya|kakushiaraba|umenohananimo|naramashimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

よのなかは[寛],
こひしげしゑや,[寛]こひしきしゑや,
かくしあらば,[寛]かくしあらは,
うめのはなにも[寛],
ならましものを[寛],

巻数

第5巻

作者

大伴三依

タイトルとURLをコピーしました