万葉集841番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集841番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集841番について

歌番号

841番

原文

于遇比須能|於登企久奈倍尓|烏梅能波奈|和企弊能曽能尓|佐伎弖知流美由[對馬目高氏老]

訓読

鴬の音聞くなへに梅の花我家の園に咲きて散る見ゆ[對馬目高氏老]

かな読み

うぐひすの|おときくなへに|うめのはな|わぎへのそのに|さきてちるみゆ

カタカナ読み

ウグヒスノ|オトキクナヘニ|ウメノハナ|ワギヘノソノニ|サキテチルミユ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|OTOKIKUNAHENI|UMENOHANA|WAGIHENOSONONI|SAKITECHIRUMIYU

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|otokikunaheni|umenohana|wagihenosononi|sakitechirumiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|高田|高橋|高向|高屋|高安|高|高麗|老|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
おときくなへに[寛],
うめのはな[寛],
わぎへのそのに,[寛]わきへのそのに,
さきてちるみゆ[寛],

巻数

第5巻

作者

高丘

タイトルとURLをコピーしました