万葉集885番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集885番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集885番について

歌番号

885番

原文

朝露乃|既夜須伎我身|比等國尓|須疑加弖奴可母|意夜能目遠保利

訓読

朝露の消やすき我が身他国に過ぎかてぬかも親の目を欲り

かな読み

あさつゆの|けやすきあがみ|ひとくにに|すぎかてぬかも|おやのめをほり

カタカナ読み

アサツユノ|ケヤスキアガミ|ヒトクニニ|スギカテヌカモ|オヤノメヲホリ

ローマ字読み|大文字

ASATSUYUNO|KEYASUKIAGAMI|HITOKUNINI|SUGIKATENUKAMO|OYANOMEOHORI

ローマ字読み|小文字

asatsuyuno|keyasukiagami|hitokunini|sugikatenukamo|oyanomeohori

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大伴熊凝|追悼|哀悼|行路死人

校異

露【類】【紀】【細】霧

寛永版本

あさつゆの[寛],
けやすきあがみ,[寛]けやすきわかみ,
ひとくにに[寛],
すぎかてぬかも,[寛]すきかてぬかも,
おやのめをほり[寛],

巻数

第5巻

作者

麻田陽春

タイトルとURLをコピーしました