万葉集850番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集850番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集850番について

歌番号

850番

原文

由吉能伊呂遠|有<婆>比弖佐家流|有米能波奈|伊麻<左>加利奈利|弥牟必登母我聞

訓読

雪の色を奪ひて咲ける梅の花今盛りなり見む人もがも

かな読み

ゆきのいろを|うばひてさける|うめのはな|いまさかりなり|みむひともがも

カタカナ読み

ユキノイロヲ|ウバヒテサケル|ウメノハナ|イマサカリナリ|ミムヒトモガモ

ローマ字読み|大文字

YUKINOIRO|UBAHITESAKERU|UMENOHANA|IMASAKARINARI|MIMUHITOMOGAMO

ローマ字読み|小文字

yukinoiro|ubahitesakeru|umenohana|imasakarinari|mimuhitomogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|追和|大伴旅人|太宰府|福岡|植物

校異

波->婆【類】【紀】【細】|佐->左【類】【紀】【細】

寛永版本

ゆきのいろを[寛],
うばひてさける,[寛]うはひてさける,
うめのはな[寛],
いまさかりなり[寛],
みむひともがも,[寛]みむひともかも,

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました