万葉集894番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集894番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集894番について

歌番号

894番

原文

神代欲理|云傳久良久|虚見通|倭國者|皇神能|伊都久志吉國|言霊能|佐吉播布國等|加多利継|伊比都賀比計理|今世能|人母許等期等|目前尓|見在知在|人佐播尓|満弖播阿礼等母|高光|日御朝庭|神奈我良|愛能盛尓|天下|奏多麻比志|家子等|撰多麻比天|勅旨|[反云|大命]<戴>持弖|唐能|遠境尓|都加播佐礼|麻加利伊麻勢|宇奈原能|邊尓母奥尓母|神豆麻利|宇志播吉伊麻須|諸能|大御神等|船舳尓|[反云|布奈能閇尓]|道引麻<遠志>|天地能|大御神等|倭|大國霊|久堅能|阿麻能見虚喩|阿麻賀氣利|見渡多麻比|事畢|還日者|又更|大御神等|船舳尓|御手<打>掛弖|墨縄遠|播倍多留期等久|阿<遅>可遠志|智可能岫欲利|大伴|御津濱備尓|多太泊尓|美船播将泊|都々美無久|佐伎久伊麻志弖|速歸坐勢

訓読

神代より|言ひ伝て来らく|そらみつ|大和の国は|皇神の|厳しき国|言霊の|幸はふ国と|語り継ぎ|言ひ継がひけり|今の世の|人もことごと|目の前に|見たり知りたり|人さはに|満ちてはあれども|高照らす|日の朝廷|神ながら|愛での盛りに|天の下|奏したまひし|家の子と|選ひたまひて|大御言|[反云|大みこと]|戴き持ちて|もろこしの|遠き境に|遣はされ|罷りいませ|海原の|辺にも沖にも|神づまり|領きいます|もろもろの|大御神たち|船舳に|[反云|ふなのへに]|導きまをし|天地の|大御神たち|大和の|大国御魂|ひさかたの|天のみ空ゆ|天翔り|見わたしたまひ|事終り|帰らむ日には|またさらに|大御神たち|船舳に|御手うち掛けて|墨縄を|延へたるごとく|あぢかをし|値嘉の崎より|大伴の|御津の浜びに|直泊てに|御船は泊てむ|障みなく|幸くいまして|早帰りませ

かな読み

かむよより|いひつてくらく|そらみつ|やまとのくには|すめかみの|いつくしきくに|ことだまの|さきはふくにと|かたりつぎ|いひつがひけり|いまのよの|ひともことごと|めのまへに|みたりしりたり|ひとさはに|みちてはあれども|たかてらす|ひのみかど|かむながら|めでのさかりに|あめのした|まをしたまひし|いへのこと|えらひたまひて|おほみこと|[おほみこと]|いただきもちて|からくにの|とほきさかひに|つかはされ|まかりいませ|うなはらの|へにもおきにも|かむづまり|うしはきいます|もろもろの|おほみかみたち|ふなのへに|[ふなのへに]|みちびきまをし|あめつちの|おほみかみたち|やまとの|おほくにみたま|ひさかたの|あまのみそらゆ|あまがけり|みわたしたまひ|ことをはり|かへらむひには|またさらに|おほみかみたち|ふなのへに|みてうちかけて|すみなはを|はへたるごとく|あぢかをし|ちかのさきより|おほともの|みつのはまびに|ただはてに|みふねははてむ|つつみなく|さきくいまして|はやかへりませ

カタカナ読み

カムヨヨリ|イヒツテクラク|ソラミツ|ヤマトノクニハ|スメカミノ|イツクシキクニ|コトダマノ|サキハフクニト|カタリツギ|イヒツガヒケリ|イマノヨノ|ヒトモコトゴト|メノマヘニ|ミタリシリタリ|ヒトサハニ|ミチテハアレドモ|タカテラス|ヒノミカド|カムナガラ|メデノサカリニ|アメノシタ|マヲシタマヒシ|イヘノコト|エラヒタマヒテ|オホミコト|[オホミコト]|イタダキモチテ|カラクニノ|トホキサカヒニ|ツカハサレ|マカリイマセ|ウナハラノ|ヘニモオキニモ|カムヅマリ|ウシハキイマス|モロモロノ|オホミカミタチ|フナノヘニ|[フナノヘニ]|ミチビキマヲシ|アメツチノ|オホミカミタチ|ヤマトノ|オホクニミタマ|ヒサカタノ|アマノミソラユ|アマガケリ|ミワタシタマヒ|コトヲハリ|カヘラムヒニハ|マタサラニ|オホミカミタチ|フナノヘニ|ミテウチカケテ|スミナハヲ|ハヘタルゴトク|アヂカヲシ|チカノサキヨリ|オホトモノ|ミツノハマビニ|タダハテニ|ミフネハハテム|ツツミナク|サキクイマシテ|ハヤカヘリマセ

ローマ字読み|大文字

KAMUYOYORI|IHITSUTEKURAKU|SORAMITSU|YAMATONOKUNIHA|SUMEKAMINO|ITSUKUSHIKIKUNI|KOTODAMANO|SAKIHAFUKUNITO|KATARITSUGI|IHITSUGAHIKERI|IMANOYONO|HITOMOKOTOGOTO|MENOMAHENI|MITARISHIRITARI|HITOSAHANI|MICHITEHAAREDOMO|TAKATERASU|HINOMIKADO|KAMUNAGARA|MEDENOSAKARINI|AMENOSHITA|MAOSHITAMAHISHI|IHENOKOTO|ERAHITAMAHITE|OHOMIKOTO|[OHOMIKOTO]|ITADAKIMOCHITE|KARAKUNINO|TOHOKISAKAHINI|TSUKAHASARE|MAKARIIMASE|UNAHARANO|HENIMOKINIMO|KAMUZUMARI|USHIHAKIIMASU|MOROMORONO|OHOMIKAMITACHI|FUNANOHENI|[FUNANOHENI]|MICHIBIKIMAOSHI|AMETSUCHINO|OHOMIKAMITACHI|YAMATONO|OHOKUNIMITAMA|HISAKATANO|AMANOMISORAYU|AMAGAKERI|MIWATASHITAMAHI|KOTOHARI|KAHERAMUHINIHA|MATASARANI|OHOMIKAMITACHI|FUNANOHENI|MITEUCHIKAKETE|SUMINAHAO|HAHETARUGOTOKU|AJIKAOSHI|CHIKANOSAKIYORI|OHOTOMONO|MITSUNOHAMABINI|TADAHATENI|MIFUNEHAHATEMU|TSUTSUMINAKU|SAKIKUIMASHITE|HAYAKAHERIMASE

ローマ字読み|小文字

kamuyoyori|ihitsutekuraku|soramitsu|yamatonokuniha|sumekamino|itsukushikikuni|kotodamano|sakihafukunito|kataritsugi|ihitsugahikeri|imanoyono|hitomokotogoto|menomaheni|mitarishiritari|hitosahani|michitehaaredomo|takaterasu|hinomikado|kamunagara|medenosakarini|amenoshita|maoshitamahishi|ihenokoto|erahitamahite|ohomikoto|[ohomikoto]|itadakimochite|karakunino|tohokisakahini|tsukahasare|makariimase|unaharano|henimokinimo|kamuzumari|ushihakiimasu|moromorono|ohomikamitachi|funanoheni|[funanoheni]|michibikimaoshi|ametsuchino|ohomikamitachi|yamatono|ohokunimitama|hisakatano|amanomisorayu|amagakeri|miwatashitamahi|kotohari|kaheramuhiniha|matasarani|ohomikamitachi|funanoheni|miteuchikakete|suminahao|hahetarugotoku|ajikaoshi|chikanosakiyori|ohotomono|mitsunohamabini|tadahateni|mifunehahatemu|tsutsuminaku|sakikuimashite|hayakaherimase

左注|左註

天平五年三月一日良宅對面獻三日|山上憶良謹上|大唐大使卿記室

事項|分類・ジャンル

多治比広成|遣唐使|餞別|羈旅|天平5年3月1日年紀

校異

歌【西】謌|反歌【西】反謌【西(訂正)】反歌|載->戴【代匠記精撰本】|志遠->遠志【細】|行->打【西(訂正)】【紀】【細】|遠【紀】袁|庭->遅【紀】【細】|太【紀】大

寛永版本

かむよより,[寛]かみよより,
いひつてくらく,[寛]いひつてけらく,
そらみつ,[寛]そらにみつ,
やまとのくには[寛],
すめかみの,[寛]すへかみの,
いつくしきくに[寛],
ことだまの,[寛]ことたまの,
さきはふくにと[寛],
かたりつぎ,[寛]かたりつき,
いひつがひけり,[寛]いひつかひけり,
いまのよの[寛],
ひともことごと,[寛]ひともことこと,
めのまへに[寛],
みたりしりたり,[寛]みまちま,
ひとさはに[寛],
みちてはあれども,[寛]みちてはあれとも,
たかてらす[寛],
ひのみかど,[寛]ひのみかとに,
かむながら,[寛]かみなから,
めでのさかりに,[寛]めくみのさかりに,
あめのした[寛],
まをしたまひし,[寛]まうしたまひし,
いへのこと[寛],
えらひたまひて[寛],
おほみこと[寛],
[おほみこと],
いただきもちて,[寛]のせもたしめて,
からくにの,[寛]もろこしの,
とほきさかひに[寛],
つかはされ[寛],
まかりいませ[寛],
うなはらの[寛],
へにもおきにも[寛],
かむづまり,[寛]かみつまり,
うしはきいます[寛],
もろもろの[寛],
おほみかみたち[寛],
ふなのへに[寛],
[ふなのへに],
みちびきまをし,[寛]みちひかましを,
あめつちの[寛],
おほみかみたち[寛],
やまとの,[寛]やまとなる,
おほくにみたま[寛],
ひさかたの[寛],
あまのみそらゆ[寛],
あまがけり,[寛]あまかけり,
みわたしたまひ[寛],
ことをはり,[寛]ことをへて,
かへらむひには[寛],
またさらに[寛],
おほみかみたち[寛],
ふなのへに[寛],
みてうちかけて[寛],
すみなはを[寛],
はへたるごとく,[寛]はへたることく,
あぢかをし,[寛]あてかをし,
ちかのさきより,[寛]ちかのくきより,
おほともの[寛],
みつのはまびに,[寛]みつのはまへに,
ただはてに,[寛]たたはてに,
みふねははてむ[寛],
つつみなく[寛],
さきくいまして[寛],
はやかへりませ[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました