万葉集807番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集807番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集807番について

歌番号

807番

原文

宇豆都仁波|安布余志勿奈子|奴<婆>多麻能|用流能伊昧仁越|都伎提美延許曽

訓読

うつつには逢ふよしもなしぬばたまの夜の夢にを継ぎて見えこそ

かな読み

うつつには|あふよしもなし|ぬばたまの|よるのいめにを|つぎてみえこそ

カタカナ読み

ウツツニハ|アフヨシモナシ|ヌバタマノ|ヨルノイメニヲ|ツギテミエコソ

ローマ字読み|大文字

UTSUTSUNIHA|AFUYOSHIMONASHI|NUBATAMANO|YORUNOIMENIO|TSUGITEMIEKOSO

ローマ字読み|小文字

utsutsuniha|afuyoshimonashi|nubatamano|yorunoimenio|tsugitemiekoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

書簡|夢|恋情|贈答

校異

波->婆【類】【古】【紀】

寛永版本

うつつには,
あふよしもなし,
ぬばたまの,
よるのいめにを,
つぎてみえこそ

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました