万葉集895番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集895番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集895番について

歌番号

895番

原文

大伴|御津松原|可吉掃弖|和礼立待|速歸坐勢

訓読

大伴の御津の松原かき掃きて我れ立ち待たむ早帰りませ

かな読み

おほともの|みつのまつばら|かきはきて|われたちまたむ|はやかへりませ

カタカナ読み

オホトモノ|ミツノマツバラ|カキハキテ|ワレタチマタム|ハヤカヘリマセ

ローマ字読み|大文字

OHOTOMONO|MITSUNOMATSUBARA|KAKIHAKITE|WARETACHIMATAMU|HAYAKAHERIMASE

ローマ字読み|小文字

ohotomono|mitsunomatsubara|kakihakite|waretachimatamu|hayakaherimase

左注|左註

天平五年三月一日良宅對面獻三日|山上憶良謹上|大唐大使卿記室

事項|分類・ジャンル

多治比広成|遣唐使|餞別|羈旅|天平5年3月1日年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おほともの[寛],
みつのまつばら,[寛]みつのまつはら,
かきはきて[寛],
われたちまたむ[寛],
はやかへりませ[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました