万葉集879番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集879番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集879番について

歌番号

879番

原文

余呂豆余尓|伊麻志多麻比提|阿米能志多|麻乎志多麻波祢|美加<度>佐良受弖

訓読

万世にいましたまひて天の下奏したまはね朝廷去らずて

かな読み

よろづよに|いましたまひて|あめのした|まをしたまはね|みかどさらずて

カタカナ読み

ヨロヅヨニ|イマシタマヒテ|アメノシタ|マヲシタマハネ|ミカドサラズテ

ローマ字読み|大文字

YOROZUYONI|IMASHITAMAHITE|AMENOSHITA|MAOSHITAMAHANE|MIKADOSARAZUTE

ローマ字読み|小文字

yorozuyoni|imashitamahite|amenoshita|maoshitamahane|mikadosarazute

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

山上憶良|大伴旅人|太宰府|福岡|餞別|帰京|宴席|地名

校異

->度【西(右書)】【類】【紀】【細】

寛永版本

よろづよに,[寛]よろつよに,
いましたまひて[寛],
あめのした[寛],
まをしたまはね[寛],
みかどさらずて,[寛]みかとさらすて,

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました