万葉集801番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集801番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集801番について

歌番号

801番

原文

比佐迦多能|阿麻遅波等保斯|奈保<々々>尓|伊弊尓可弊利提|奈利乎斯麻佐尓

訓読

ひさかたの天道は遠しなほなほに家に帰りて業を為まさに

かな読み

ひさかたの|あまぢはとほし|なほなほに|いへにかへりて|なりをしまさに

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマヂハトホシ|ナホナホニ|イヘニカヘリテ|ナリヲシマサニ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMAJIHATOHOSHI|NAHONAHONI|IHENIKAHERITE|NARIOSHIMASANI

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amajihatohoshi|nahonahoni|ihenikaherite|narioshimasani

左注|左註

神龜五年七月廿一日於嘉摩郡撰定|筑前國守山上憶良

事項|分類・ジャンル

国司|逃亡民|儒教|教喩|道教|福岡|枕詞|地名|神亀5年7月21日年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|奈保->々々【類】【紀】【細】

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまぢはとほし,[寛]あまちはとほし,
なほなほに[寛],
いへにかへりて[寛],
なりをしまさに[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました