万葉集881番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集881番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集881番について

歌番号

881番

原文

加久能<未>夜|伊吉豆伎遠良牟|阿良多麻能|吉倍由久等志乃|可伎利斯良受提

訓読

かくのみや息づき居らむあらたまの来経行く年の限り知らずて

かな読み

かくのみや|いきづきをらむ|あらたまの|きへゆくとしの|かぎりしらずて

カタカナ読み

カクノミヤ|イキヅキヲラム|アラタマノ|キヘユクトシノ|カギリシラズテ

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMIYA|IKIZUKIORAMU|ARATAMANO|KIHEYUKUTOSHINO|KAGIRISHIRAZUTE

ローマ字読み|小文字

kakunomiya|ikizukioramu|aratamano|kiheyukutoshino|kagirishirazute

左注|左註

天平二年十二月六日筑前國守山上憶良謹上

事項|分類・ジャンル

大伴旅人|太宰府|福岡|餞別|宴席|帰京|天平2年12月6日年紀

校異

米->未【類】【紀】【細】

寛永版本

かくのみや[寛],
いきづきをらむ,[寛]いきつきをらむ,
あらたまの[寛],
きへゆくとしの[寛],
かぎりしらずて,[寛]かきりしらすて,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました