万葉集852番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集852番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集852番について

歌番号

852番

原文

烏梅能波奈|伊米尓加多良久|美也備多流|波奈等阿例母布|左氣尓于可倍許曽|[一云|伊多豆良尓|阿例乎知良須奈|左氣尓<宇>可倍許曽]

訓読

梅の花夢に語らくみやびたる花と我れ思ふ酒に浮かべこそ|[一云|いたづらに我れを散らすな酒に浮べこそ]

かな読み

うめのはな|いめにかたらく|みやびたる|はなとあれもふ|さけにうかべこそ|[いたづらに|あれをちらすな|さけにうかべこそ]

カタカナ読み

ウメノハナ|イメニカタラク|ミヤビタル|ハナトアレモフ|サケニウカベコソ|[イタヅラニ|アレヲチラスナ|サケニウカベコソ]

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|IMENIKATARAKU|MIYABITARU|HANATOAREMOFU|SAKENIUKABEKOSO|[ITAZURANI|AREOCHIRASUNA|SAKENIUKABEKOSO]

ローマ字読み|小文字

umenohana|imenikataraku|miyabitaru|hanatoaremofu|sakeniukabekoso|[itazurani|areochirasuna|sakeniukabekoso]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|追和|大伴旅人|太宰府|福岡|植物

校異

于->宇【類】(楓)于|許【類】【紀】【細】(塙)己

寛永版本

うめのはな[寛],
いめにかたらく[寛],
みやびたる,[寛]みやひたる,
はなとあれもふ[寛],
さけにうかべこそ,[寛]さけにうかへこそ,
[いたづらに,[寛]いたつらに,
あれをちらすな[寛],
さけにうかべこそ],[寛]さけにうかへこそ,

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました