万葉集902番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集902番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集902番について

歌番号

902番

原文

水沫奈須|微命母|栲縄能|千尋尓母何等|慕久良志都

訓読

水沫なすもろき命も栲縄の千尋にもがと願ひ暮らしつ

かな読み

みなわなす|もろきいのちも|たくづなの|ちひろにもがと|ねがひくらしつ

カタカナ読み

ミナワナス|モロキイノチモ|タクヅナノ|チヒロニモガト|ネガヒクラシツ

ローマ字読み|大文字

MINAWANASU|MOROKIINOCHIMO|TAKUZUNANO|CHIHIRONIMOGATO|NEGAHIKURASHITSU

ローマ字読み|小文字

minawanasu|morokiinochimo|takuzunano|chihironimogato|negahikurashitsu

左注|左註

天平五年六月丙申朔三日戊戌作

事項|分類・ジャンル

仏教|儒教|老|嘆翮|子供|天平5年6月3日年紀|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

みなわなす,[寛]みなはなす,
もろきいのちも[寛],
たくづなの,[寛]たくなはの,
ちひろにもがと,[寛]ちひろにもかと,
ねがひくらしつ,[寛]ねかひくらしつ,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました