万葉集876番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集876番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集876番について

歌番号

876番

原文

阿麻等夫夜|等利尓母賀母夜|美夜故<麻>提|意久利摩遠志弖|等比可弊流母能

訓読

天飛ぶや鳥にもがもや都まで送りまをして飛び帰るもの

かな読み

あまとぶや|とりにもがもや|みやこまで|おくりまをして|とびかへるもの

カタカナ読み

アマトブヤ|トリニモガモヤ|ミヤコマデ|オクリマヲシテ|トビカヘルモノ

ローマ字読み|大文字

AMATOBUYA|TORINIMOGAMOYA|MIYAKOMADE|OKURIMAOSHITE|TOBIKAHERUMONO

ローマ字読み|小文字

amatobuya|torinimogamoya|miyakomade|okurimaoshite|tobikaherumono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

山上憶良|大伴旅人|太宰府|福岡|餞別|帰京|宴席|地名

校異

和->倭【類】【紀】【細】|歌【西】謌|麻【類】【細】摩|摩->麻【類】【紀】【温】|摩【紀】【温】麻

寛永版本

あまとぶや,[寛]あまとふや,
とりにもがもや,[寛]とりにもかもや,
みやこまで,[寛]みやこまて,
おくりまをして[寛],
とびかへるもの,[寛]とひかへるもの,

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました