万葉集865番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集865番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集865番について

歌番号

865番

原文

伎弥乎麻都|々々良乃于良能|越等賣良波|等己与能久尓能|阿麻越等賣可<忘>

訓読

君を待つ松浦の浦の娘子らは常世の国の海人娘子かも

かな読み

きみをまつ|まつらのうらの|をとめらは|とこよのくにの|あまをとめかも

カタカナ読み

キミヲマツ|マツラノウラノ|ヲトメラハ|トコヨノクニノ|アマヲトメカモ

ローマ字読み|大文字

KIMIOMATSU|MATSURANORANO|OTOMERAHA|TOKOYONOKUNINO|AMAOTOMEKAMO

ローマ字読み|小文字

kimiomatsu|matsuranorano|otomeraha|tokoyonokunino|amaotomekamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

書簡|大伴旅人|松浦仙媛|唱和|地名|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|忌->忘【類】【細】

寛永版本

きみをまつ[寛],
まつらのうらの[寛],
をとめらは[寛],
とこよのくにの[寛],
あまをとめかも[寛],

巻数

第5巻

作者

吉田宜

タイトルとURLをコピーしました