万葉集794番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集794番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集794番について

歌番号

794番

原文

大王能|等保乃朝廷等|斯良農比|筑紫國尓|泣子那須|斯多比枳摩斯提|伊企陀<尓>母|伊摩陀夜周米受|年月母|伊摩他阿良祢婆|許々呂由母|於母波奴阿比陀尓|宇知那i枳|許夜斯努礼|伊波牟須弊|世武須弊斯良尓|石木乎母|刀比佐氣斯良受|伊弊那良婆|迦多知波阿良牟乎|宇良賣斯企|伊毛乃美許等能|阿礼乎婆母|伊可尓世与等可|尓保鳥能|布多利那良i為|加多良比斯|許々呂曽牟企弖|伊弊社可利伊摩須

訓読

大君の|遠の朝廷と|しらぬひ|筑紫の国に|泣く子なす|慕ひ来まして|息だにも|いまだ休めず|年月も|いまだあらねば|心ゆも|思はぬ間に|うち靡き|臥やしぬれ|言はむすべ|為むすべ知らに|岩木をも|問ひ放け知らず|家ならば|形はあらむを|恨めしき|妹の命の|我れをばも|いかにせよとか|にほ鳥の|ふたり並び居|語らひし|心背きて|家離りいます

かな読み

おほきみの|とほのみかどと|しらぬひ|つくしのくにに|なくこなす|したひきまして|いきだにも|いまだやすめず|としつきも|いまだあらねば|こころゆも|おもはぬあひだに|うちなびき|こやしぬれ|いはむすべ|せむすべしらに|いはきをも|とひさけしらず|いへならば|かたちはあらむを|うらめしき|いものみことの|あれをばも|いかにせよとか|にほどりの|ふたりならびゐ|かたらひし|こころそむきて|いへざかりいます

カタカナ読み

オホキミノ|トホノミカドト|シラヌヒ|ツクシノクニニ|ナクコナス|シタヒキマシテ|イキダニモ|イマダヤスメズ|トシツキモ|イマダアラネバ|ココロユモ|オモハヌアヒダニ|ウチナビキ|コヤシヌレ|イハムスベ|セムスベシラニ|イハキヲモ|トヒサケシラズ|イヘナラバ|カタチハアラムヲ|ウラメシキ|イモノミコトノ|アレヲバモ|イカニセヨトカ|ニホドリノ|フタリナラビヰ|カタラヒシ|ココロソムキテ|イヘザカリイマス

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|TOHONOMIKADOTO|SHIRANUHI|TSUKUSHINOKUNINI|NAKUKONASU|SHITAHIKIMASHITE|IKIDANIMO|IMADAYASUMEZU|TOSHITSUKIMO|IMADAARANEBA|KOKOROYUMO|OMOHANUAHIDANI|UCHINABIKI|KOYASHINURE|IHAMUSUBE|SEMUSUBESHIRANI|IHAKIOMO|TOHISAKESHIRAZU|IHENARABA|KATACHIHAARAMUO|URAMESHIKI|IMONOMIKOTONO|AREOBAMO|IKANISEYOTOKA|NIHODORINO|FUTARINARABII|KATARAHISHI|KOKOROSOMUKITE|IHEZAKARIIMASU

ローマ字読み|小文字

ohokimino|tohonomikadoto|shiranuhi|tsukushinokunini|nakukonasu|shitahikimashite|ikidanimo|imadayasumezu|toshitsukimo|imadaaraneba|kokoroyumo|omohanuahidani|uchinabiki|koyashinure|ihamusube|semusubeshirani|ihakiomo|tohisakeshirazu|ihenaraba|katachihaaramuo|urameshiki|imonomikotono|areobamo|ikaniseyotoka|nihodorino|futarinarabii|katarahishi|kokorosomukite|ihezakariimasu

左注|左註

神龜五年七月廿一日|筑前國守山上憶良上

事項|分類・ジャンル

大伴旅人|仏教|無常|哀悼|亡妻|太宰府|福岡|枕詞|地名|神亀5年7月21日年紀

校異

于【紀】【細】乎|->競【西(右書)】【紀】【細】|歌【西】謌|->尓【西(右書)】【紀】【細】

寛永版本

おほきみの[寛],
とほのみかどと,[寛]とほのみかとと,
しらぬひ,[寛]しらぬひの,
つくしのくにに[寛],
なくこなす[寛],
したひきまして[寛],
いきだにも,[寛]いきたにも,
いまだやすめず,[寛]いまたやすめす,
としつきも[寛],
いまだあらねば,[寛]いまたあらねは,
こころゆも[寛],
おもはぬあひだに,[寛]おもはぬあひたに,
うちなびき,[寛]うちなひき,
こやしぬれ[寛],
いはむすべ,[寛]いはむすへ,
せむすべしらに,[寛]せむすへしらに,
いはきをも[寛],
とひさけしらず,[寛]とひさけしらす,
いへならば,[寛]いへならは,
かたちはあらむを[寛],
うらめしき[寛],
いものみことの[寛],
あれをばも,[寛]あれをはも,
いかにせよとか[寛],
にほどりの,[寛]にほとりの,
ふたりならびゐ,[寛]ふたりならひゐ,
かたらひし[寛],
こころそむきて[寛],
いへざかりいます,[寛]いへさかりいます,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました