万葉集840番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集840番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集840番について

歌番号

840番

原文

<波流>楊那宜|可豆良尓乎利志|烏梅能波奈|多礼可有可倍志|佐加豆岐能倍尓[壹岐目村氏彼方]

訓読

春柳かづらに折りし梅の花誰れか浮かべし酒坏の上に[壹岐目村氏彼方]

かな読み

はるやなぎ|かづらにをりし|うめのはな|たれかうかべし|さかづきのへに

カタカナ読み

ハルヤナギ|カヅラニヲリシ|ウメノハナ|タレカウカベシ|サカヅキノヘニ

ローマ字読み|大文字

HARUYANAGI|KAZURANIORISHI|UMENOHANA|TAREKAUKABESHI|SAKAZUKINOHENI

ローマ字読み|小文字

haruyanagi|kazuraniorishi|umenohana|tarekaukabeshi|sakazukinoheni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|村国|村山|彼方|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

流波->波流【西(訂正記号)】【類】【紀】

寛永版本

はるやなぎ,[寛]はるやなき,
かづらにをりし,[寛]かつらにをりし,
うめのはな[寛],
たれかうかべし,[寛]たれかうへし,
さかづきのへに,[寛]さかつききのへに,

巻数

第5巻

作者

村君

タイトルとURLをコピーしました