万葉集805番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集805番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集805番について

歌番号

805番

原文

等伎波奈周|<迦>久斯母何母等|意母閇騰母|余能許等奈礼婆|等登尾可祢都母

訓読

常磐なすかくしもがもと思へども世の事なれば留みかねつも

かな読み

ときはなす|かくしもがもと|おもへども|よのことなれば|とどみかねつも

カタカナ読み

トキハナス|カクシモガモト|オモヘドモ|ヨノコトナレバ|トドミカネツモ

ローマ字読み|大文字

TOKIHANASU|KAKUSHIMOGAMOTO|OMOHEDOMO|YONOKOTONAREBA|TODOMIKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

tokihanasu|kakushimogamoto|omohedomo|yonokotonareba|todomikanetsumo

左注|左註

神龜五年七月廿一日於嘉摩郡撰定|筑前國守山上憶良

事項|分類・ジャンル

仏教|無常|福岡|地名|神亀5年7月21日年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|加->迦【類】【紀】【温】

寛永版本

ときはなす[寛],
かくしもがもと,[寛]かくしもと,
おもへども,[寛]おもへとも,
よのことなれば,[寛]よのことなれは,
とどみかねつも,[寛]ととみをかねつつも,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました