万葉集837番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集837番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集837番について

歌番号

837番

原文

波流能努尓|奈久夜汙隅比須|奈都氣牟得|和何弊能曽能尓|汙米何波奈佐久[笇師志氏大道]

訓読

春の野に鳴くや鴬なつけむと我が家の園に梅が花咲く[t師志氏大道]

かな読み

はるののに|なくやうぐひす|なつけむと|わがへのそのに|うめがはなさく

カタカナ読み

ハルノノニ|ナクヤウグヒス|ナツケムト|ワガヘノソノニ|ウメガハナサク

ローマ字読み|大文字

HARUNONONI|NAKUYAUGUHISU|NATSUKEMUTO|WAGAHENOSONONI|UMEGAHANASAKU

ローマ字読み|小文字

harunononi|nakuyauguhisu|natsukemuto|wagahenosononi|umegahanasaku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|大道|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物|動物

校異

特に無し

寛永版本

はるののに[寛],
なくやうぐひす,[寛]なくやうくひす,
なつけむと[寛],
わがへのそのに,[寛]わかへのそのに,
うめがはなさく,[寛]うめかはなさく,

巻数

第5巻

作者

志紀

タイトルとURLをコピーしました