万葉集843番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集843番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集843番について

歌番号

843番

原文

宇梅能波奈|乎理加射之都々|毛呂比登能|阿蘇夫遠美礼婆|弥夜古之叙毛布[土師氏御<道>]

訓読

梅の花折りかざしつつ諸人の遊ぶを見れば都しぞ思ふ[土師氏御<道>]

かな読み

うめのはな|をりかざしつつ|もろひとの|あそぶをみれば|みやこしぞもふ

カタカナ読み

ウメノハナ|ヲリカザシツツ|モロヒトノ|アソブヲミレバ|ミヤコシゾモフ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|ORIKAZASHITSUTSU|MOROHITONO|ASOBUOMIREBA|MIYAKOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

umenohana|orikazashitsutsu|morohitono|asobuomireba|miyakoshizomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|太宰府|福岡|望郷|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

通->道【紀】【細】

寛永版本

うめのはな[寛],
をりかざしつつ,[寛]をりかさしつつ,
もろひとの[寛],
あそぶをみれば,[寛]あそふをみれは,
みやこしぞもふ,[寛]みやこしそおもふ,

巻数

第5巻

作者

土師御道

タイトルとURLをコピーしました