万葉集842番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集842番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集842番について

歌番号

842番

原文

和我夜度能|烏梅能之豆延尓|阿蘇i都々|宇具比須奈久毛|知良麻久乎之美[薩摩目高氏海人]

訓読

我がやどの梅の下枝に遊びつつ鴬鳴くも散らまく惜しみ[薩摩目高氏海人]

かな読み

わがやどの|うめのしづえに|あそびつつ|うぐひすなくも|ちらまくをしみ

カタカナ読み

ワガヤドノ|ウメノシヅエニ|アソビツツ|ウグヒスナクモ|チラマクヲシミ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|UMENOSHIZUENI|ASOBITSUTSU|UGUHISUNAKUMO|CHIRAMAKUOSHIMI

ローマ字読み|小文字

wagayadono|umenoshizueni|asobitsutsu|uguhisunakumo|chiramakuoshimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|高田|高橋|高向|高屋|高安|高|高麗|海人|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
うめのしづえに,[寛]うめのしつえに,
あそびつつ,[寛]あそひつつ,
うぐひすなくも,[寛]うくひすなくも,
ちらまくをしみ[寛],

巻数

第5巻

作者

高丘

タイトルとURLをコピーしました