万葉集809番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集809番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集809番について

歌番号

809番

原文

多陀尓阿波須|阿良久毛於保久|志岐多閇乃|麻久良佐良受提|伊米尓之美延牟

訓読

直に逢はずあらくも多く敷栲の枕去らずて夢にし見えむ

かな読み

ただにあはず|あらくもおほく|しきたへの|まくらさらずて|いめにしみえむ

カタカナ読み

タダニアハズ|アラクモオホク|シキタヘノ|マクラサラズテ|イメニシミエム

ローマ字読み|大文字

TADANIAHAZU|ARAKUMOHOKU|SHIKITAHENO|MAKURASARAZUTE|IMENISHIMIEMU

ローマ字読み|小文字

tadaniahazu|arakumohoku|shikitaheno|makurasarazute|imenishimiemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

書簡|枕詞|夢|贈答

校異

特に無し

寛永版本

ただにあはず,[寛]たたにあはす,
あらくもおほく[寛],
しきたへの[寛],
まくらさらずて,[寛]まくらさらすて,
いめにしみえむ[寛],

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました