万葉集848番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集848番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集848番について

歌番号

848番

原文

久毛尓得夫|久須利波牟用波|美也古弥婆|伊夜之吉阿何微|麻多越知奴倍之

訓読

雲に飛ぶ薬食むよは都見ばいやしき我が身また変若ぬべし

かな読み

くもにとぶ|くすりはむよは|みやこみば|いやしきあがみ|またをちぬべし

カタカナ読み

クモニトブ|クスリハムヨハ|ミヤコミバ|イヤシキアガミ|マタヲチヌベシ

ローマ字読み|大文字

KUMONITOBU|KUSURIHAMUYOHA|MIYAKOMIBA|IYASHIKIAGAMI|MATAOCHINUBESHI

ローマ字読み|小文字

kumonitobu|kusurihamuyoha|miyakomiba|iyashikiagami|mataochinubeshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

望郷|太宰府|福岡|老|神仙

校異

特に無し

寛永版本

くもにとぶ,[寛]くもにとふ,
くすりはむよは[寛],
みやこみば,[寛]みやこみは,
いやしきあがみ,[寛]いやしきあかみ,
またをちぬべし,[寛]またをちぬへし,

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました