万葉集829番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集829番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集829番について

歌番号

829番

原文

烏梅能波奈|佐企弖知理奈波|佐久良<婆那>|都伎弖佐久倍久|奈利尓弖阿良受也[藥師張氏福子]

訓読

梅の花咲きて散りなば桜花継ぎて咲くべくなりにてあらずや[藥師張氏福子]

かな読み

うめのはな|さきてちりなば|さくらばな|つぎてさくべく|なりにてあらずや

カタカナ読み

ウメノハナ|サキテチリナバ|サクラバナ|ツギテサクベク|ナリニテアラズヤ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SAKITECHIRINABA|SAKURABANA|TSUGITESAKUBEKU|NARINITEARAZUYA

ローマ字読み|小文字

umenohana|sakitechirinaba|sakurabana|tsugitesakubeku|narinitearazuya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

波奈->婆那【類】【紀】【細】

寛永版本

うめのはな[寛],
さきてちりなば,[寛]さきてちりなは,
さくらばな,[寛]くらはな,
つぎてさくべく,[寛]つきてさくへく,
なりにてあらずや,[寛]なりにてあらすや,

巻数

第5巻

作者

張福子

タイトルとURLをコピーしました