万葉集863番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集863番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集863番について

歌番号

863番

原文

麻都良河波|多麻斯麻能有良尓|和可由都流|伊毛良遠美良牟|比等能等母斯佐

訓読

松浦川玉島の浦に若鮎釣る妹らを見らむ人の羨しさ

かな読み

まつらがは|たましまのうらに|わかゆつる|いもらをみらむ|ひとのともしさ

カタカナ読み

マツラガハ|タマシマノウラニ|ワカユツル|イモラヲミラム|ヒトノトモシサ

ローマ字読み|大文字

MATSURAGAHA|TAMASHIMANORANI|WAKAYUTSURU|IMORAOMIRAMU|HITONOTOMOSHISA

ローマ字読み|小文字

matsuragaha|tamashimanorani|wakayutsuru|imoraomiramu|hitonotomoshisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

玉島川|創作|追和|求婚|野遊び|地名

校異

特に無し

寛永版本

まつらがは,[寛]まつらかは,
たましまのうらに[寛],
わかゆつる[寛],
いもらをみらむ,[寛]いもらをみをむ,
ひとのともしさ[寛],

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました