万葉集861番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集861番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集861番について

歌番号

861番

原文

麻都良河波|<可>波能世波夜美|久礼奈為能|母能須蘇奴例弖|阿由可都流良<武>

訓読

松浦川川の瀬早み紅の裳の裾濡れて鮎か釣るらむ

かな読み

まつらがは|かはのせはやみ|くれなゐの|ものすそぬれて|あゆかつるらむ

カタカナ読み

マツラガハ|カハノセハヤミ|クレナヰノ|モノスソヌレテ|アユカツルラム

ローマ字読み|大文字

MATSURAGAHA|KAHANOSEHAYAMI|KURENAINO|MONOSUSONURETE|AYUKATSURURAMU

ローマ字読み|小文字

matsuragaha|kahanosehayami|kurenaino|monosusonurete|ayukatsururamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

玉島川|創作|追和|求婚|野遊び|地名

校異

謌->詩【類】【紀】【細】|河->可【類】【紀】【細】|哉->武【西(右書)】【類】【紀】

寛永版本

まつらがは,[寛]まつらかは,
かはのせはやみ[寛],
くれなゐの[寛],
ものすそぬれて[寛],
あゆかつるらむ,[寛]あゆかるらむ,

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました