万葉集822番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集822番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集822番について

歌番号

822番

原文

和何則能尓|宇米能波奈知流|比佐可多能|阿米欲里由吉能|那何列久流加母[主人]

訓読

我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも[主人]

かな読み

わがそのに|うめのはなちる|ひさかたの|あめよりゆきの|ながれくるかも

カタカナ読み

ワガソノニ|ウメノハナチル|ヒサカタノ|アメヨリユキノ|ナガレクルカモ

ローマ字読み|大文字

WAGASONONI|UMENOHANACHIRU|HISAKATANO|AMEYORIYUKINO|NAGAREKURUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagasononi|umenohanachiru|hisakatano|ameyoriyukino|nagarekurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|予祝|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

わがそのに,[寛]わかそのに,
うめのはなちる[寛],
ひさかたの[寛],
あめよりゆきの[寛],
ながれくるかも,[寛]なかれくるかも,

巻数

第5巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました