万葉集890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集890番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集890番について

歌番号

890番

原文

出弖由伎斯|日乎可俗閇都々|家布々々等|阿袁麻多周良武|知々波々良波母|[一云|波々我迦奈斯佐]

訓読

出でて行きし日を数へつつ今日今日と我を待たすらむ父母らはも|[一云|母が悲しさ]

かな読み

いでてゆきし|ひをかぞへつつ|けふけふと|あをまたすらむ|ちちははらはも|[ははがかなしさ]

カタカナ読み

イデテユキシ|ヒヲカゾヘツツ|ケフケフト|アヲマタスラム|チチハハラハモ|[ハハガカナシサ]

ローマ字読み|大文字

IDETEYUKISHI|HIOKAZOHETSUTSU|KEFUKEFUTO|AOMATASURAMU|CHICHIHAHARAHAMO|[HAHAGAKANASHISA]

ローマ字読み|小文字

ideteyukishi|hiokazohetsutsu|kefukefuto|aomatasuramu|chichihaharahamo|[hahagakanashisa]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大伴熊凝|追悼|哀悼|行路死人|儒教|孝養|無常

校異

特に無し

寛永版本

いでてゆきし,[寛]いててゆきし,
ひをかぞへつつ,[寛]ひをかそへつつ,
けふけふと[寛],
あをまたすらむ[寛],
ちちははらはも,[寛]ちちははをはも,
[ははがかなしさ],[寛]ははかかなしさ,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました