万葉集889番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集889番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集889番について

歌番号

889番

原文

家尓阿利弖|波々何刀利美婆|奈具佐牟流|許々呂波阿良麻志|斯奈婆斯農等母|[一云|能知波志奴等母]

訓読

家にありて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死ぬとも|[一云|後は死ぬとも]

かな読み

いへにありて|ははがとりみば|なぐさむる|こころはあらまし|しなばしぬとも|[のちはしぬとも]

カタカナ読み

イヘニアリテ|ハハガトリミバ|ナグサムル|ココロハアラマシ|シナバシヌトモ|[ノチハシヌトモ]

ローマ字読み|大文字

IHENIARITE|HAHAGATORIMIBA|NAGUSAMURU|KOKOROHAARAMASHI|SHINABASHINUTOMO|[NOCHIHASHINUTOMO]

ローマ字読み|小文字

iheniarite|hahagatorimiba|nagusamuru|kokorohaaramashi|shinabashinutomo|[nochihashinutomo]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大伴熊凝|追悼|哀悼|行路死人|儒教|孝養|無常|鎮魂

校異

特に無し

寛永版本

いへにありて[寛],
ははがとりみば,[寛]ははかとりみは,
なぐさむる,[寛]なくさむる,
こころはあらまし[寛],
しなばしぬとも,[寛]しなはしぬとも,
[のちはしぬとも][寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました