万葉集901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集901番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集901番について

歌番号

901番

原文

麁妙能|布衣遠陀尓|伎世難尓|可久夜歎敢|世牟周弊遠奈美

訓読

荒栲の布衣をだに着せかてにかくや嘆かむ為むすべをなみ

かな読み

あらたへの|ぬのきぬをだに|きせかてに|かくやなげかむ|せむすべをなみ

カタカナ読み

アラタヘノ|ヌノキヌヲダニ|キセカテニ|カクヤナゲカム|セムスベヲナミ

ローマ字読み|大文字

ARATAHENO|NUNOKINUODANI|KISEKATENI|KAKUYANAGEKAMU|SEMUSUBEONAMI

ローマ字読み|小文字

arataheno|nunokinuodani|kisekateni|kakuyanagekamu|semusubeonami

左注|左註

天平五年六月丙申朔三日戊戌作

事項|分類・ジャンル

仏教|儒教|老|嘆翮|子供|天平5年6月3日年紀

校異

特に無し

寛永版本

あらたへの[寛],
ぬのきぬをだに,[寛]ぬのきぬをたに,
きせかてに[寛],
かくやなげかむ,[寛]かくやなけかむ,
せむすべをなみ,[寛]せむすへをなみ,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました