万葉集849番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集849番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集849番について

歌番号

849番

原文

能許利多留|由棄仁末自例留|宇梅能半奈|半也久奈知利曽|由吉波氣奴等勿

訓読

残りたる雪に交れる梅の花早くな散りそ雪は消ぬとも

かな読み

のこりたる|ゆきにまじれる|うめのはな|はやくなちりそ|ゆきはけぬとも

カタカナ読み

ノコリタル|ユキニマジレル|ウメノハナ|ハヤクナチリソ|ユキハケヌトモ

ローマ字読み|大文字

NOKORITARU|YUKINIMAJIRERU|UMENOHANA|HAYAKUNACHIRISO|YUKIHAKENUTOMO

ローマ字読み|小文字

nokoritaru|yukinimajireru|umenohana|hayakunachiriso|yukihakenutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|追和|大伴旅人|太宰府|福岡|植物

校異

留【類】【紀】【細】(塙)流

寛永版本

のこりたる[寛],
ゆきにまじれる,[寛]ゆきにましれる,
うめのはな[寛],
はやくなちりそ[寛],
ゆきはけぬとも[寛],

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました