万葉集826番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集826番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集826番について

歌番号

826番

原文

有知奈i久|波流能也奈宜等|和我夜度能|烏梅能波奈等遠|伊可尓可和可武[大典史氏大原]

訓読

うち靡く春の柳と我がやどの梅の花とをいかにか分かむ[大典史氏大原]

かな読み

うちなびく|はるのやなぎと|わがやどの|うめのはなとを|いかにかわかむ

カタカナ読み

ウチナビク|ハルノヤナギト|ワガヤドノ|ウメノハナトヲ|イカニカワカム

ローマ字読み|大文字

UCHINABIKU|HARUNOYANAGITO|WAGAYADONO|UMENOHANATO|IKANIKAWAKAMU

ローマ字読み|小文字

uchinabiku|harunoyanagito|wagayadono|umenohanato|ikanikawakamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|史部|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

うちなびく,[寛]うちなひく,
はるのやなぎと,[寛]はるのやなきと,
わがやどの,[寛]わかやとの,
うめのはなとを[寛],
いかにかわかむ[寛],

巻数

第5巻

作者

史大原

タイトルとURLをコピーしました