万葉集845番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集845番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集845番について

歌番号

845番

原文

宇具比須能|麻知迦弖尓勢斯|宇米我波奈|知良須阿利許曽|意母布故我多米[筑前拯門氏石足]

訓読

鴬の待ちかてにせし梅が花散らずありこそ思ふ子がため[筑前拯門氏石足]

かな読み

うぐひすの|まちかてにせし|うめがはな|ちらずありこそ|おもふこがため

カタカナ読み

ウグヒスノ|マチカテニセシ|ウメガハナ|チラズアリコソ|オモフコガタメ

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|MACHIKATENISESHI|UMEGAHANA|CHIRAZUARIKOSO|OMOFUKOGATAME

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|machikateniseshi|umegahana|chirazuarikoso|omofukogatame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物|動物

校異

特に無し

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
まちかてにせし[寛],
うめがはな,[寛]うめかはな,
ちらずありこそ,[寛]ちらすありこそ,
おもふこがため,[寛]おもふこかため,

巻数

第5巻

作者

門部石足

タイトルとURLをコピーしました