万葉集844番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集844番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集844番について

歌番号

844番

原文

伊母我陛邇|由岐可母不流登|弥流麻提尓|許々陀母麻我不|烏梅能波奈可毛[小野氏國堅]

訓読

妹が家に雪かも降ると見るまでにここだもまがふ梅の花かも[小野氏國堅]

かな読み

いもがへに|ゆきかもふると|みるまでに|ここだもまがふ|うめのはなかも

カタカナ読み

イモガヘニ|ユキカモフルト|ミルマデニ|ココダモマガフ|ウメノハナカモ

ローマ字読み|大文字

IMOGAHENI|YUKIKAMOFURUTO|MIRUMADENI|KOKODAMOMAGAFU|UMENOHANAKAMO

ローマ字読み|小文字

imogaheni|yukikamofuruto|mirumadeni|kokodamomagafu|umenohanakamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

いもがへに,[寛]いもかへに,
ゆきかもふると[寛],
みるまでに,[寛]みるまてに,
ここだもまがふ,[寛]ここたもまかふ,
うめのはなかも[寛],

巻数

第5巻

作者

小野國堅

タイトルとURLをコピーしました