万葉集859番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集859番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集859番について

歌番号

859番

原文

波流佐礼婆|和伎覇能佐刀能|加波度尓波|阿由故佐婆斯留|吉美麻知我弖尓

訓読

春されば我家の里の川門には鮎子さ走る君待ちがてに

かな読み

はるされば|わぎへのさとの|かはとには|あゆこさばしる|きみまちがてに

カタカナ読み

ハルサレバ|ワギヘノサトノ|カハトニハ|アユコサバシル|キミマチガテニ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|WAGIHENOSATONO|KAHATONIHA|AYUKOSABASHIRU|KIMIMACHIGATENI

ローマ字読み|小文字

harusareba|wagihenosatono|kahatoniha|ayukosabashiru|kimimachigateni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

大伴旅人|玉島川|巡行|創作|神功皇后|恋愛|求婚|野遊び|地名

校異

特に無し

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
わぎへのさとの,[寛]わきへのさとの,
かはとには[寛],
あゆこさばしる,[寛]あゆこさはしる,
きみまちがてに,[寛]きみまちかてに,

巻数

第5巻

作者

娘等

タイトルとURLをコピーしました