万葉集906番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集906番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集906番について

歌番号

906番

原文

布施於吉弖|吾波許比能武|阿射無加受|多太尓率去弖|阿麻治思良之米

訓読

布施置きて我れは祈ひ祷むあざむかず直に率行きて天道知らしめ

かな読み

ふせおきて|われはこひのむ|あざむかず|ただにゐゆきて|あまぢしらしめ

カタカナ読み

フセオキテ|ワレハコヒノム|アザムカズ|タダニヰユキテ|アマヂシラシメ

ローマ字読み|大文字

FUSEOKITE|WAREHAKOHINOMU|AZAMUKAZU|TADANIIYUKITE|AMAJISHIRASHIME

ローマ字読み|小文字

fuseokite|warehakohinomu|azamukazu|tadaniiyukite|amajishirashime

左注|左註

右一首作者未詳|但以裁歌之體似於山上之操載此次焉

事項|分類・ジャンル

山上憶良|仏教|儒教|孝養|子供|嘆翮

校異

歌【西】謌|太【類】【細】大

寛永版本

ふせおきて,[寛]ふしおきて,
われはこひのむ[寛],
あざむかず,[寛]あせむかす,
ただにゐゆきて,[寛]たたにゐゆきて,
あまぢしらしめ,[寛]あまちしらしめ,

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました