万葉集798番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集798番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集798番について

歌番号

798番

原文

伊毛何美斯|阿布知乃波那波|知利奴倍斯|和何那久那美多|伊摩陀飛那久尓

訓読

妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干なくに

かな読み

いもがみし|あふちのはなは|ちりぬべし|わがなくなみた|いまだひなくに

カタカナ読み

イモガミシ|アフチノハナハ|チリヌベシ|ワガナクナミタ|イマダヒナクニ

ローマ字読み|大文字

IMOGAMISHI|AFUCHINOHANAHA|CHIRINUBESHI|WAGANAKUNAMITA|IMADAHINAKUNI

ローマ字読み|小文字

imogamishi|afuchinohanaha|chirinubeshi|waganakunamita|imadahinakuni

左注|左註

神龜五年七月廿一日|筑前國守山上憶良上

事項|分類・ジャンル

大伴旅人|仏教|無常|哀悼|亡妻|太宰府|福岡|地名|神亀5年7月21日年紀

校異

特に無し

寛永版本

いもがみし,[寛]いもかみし,
あふちのはなは[寛],
ちりぬべし,[寛]ちりぬへし,
わがなくなみた,[寛]わかなくなみた,
いまだひなくに,[寛]いまたひなくに,

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました