万葉集866番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集866番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集866番について

歌番号

866番

原文

波漏々々尓|於忘方由流可母|志良久毛能|<知>弊仁邊多天留|都久紫能君仁波

訓読

はろはろに思ほゆるかも白雲の千重に隔てる筑紫の国は

かな読み

はろはろに|おもほゆるかも|しらくもの|ちへにへだてる|つくしのくには

カタカナ読み

ハロハロニ|オモホユルカモ|シラクモノ|チヘニヘダテル|ツクシノクニハ

ローマ字読み|大文字

HAROHARONI|OMOHOYURUKAMO|SHIRAKUMONO|CHIHENIHEDATERU|TSUKUSHINOKUNIHA

ローマ字読み|小文字

haroharoni|omohoyurukamo|shirakumono|chihenihedateru|tsukushinokuniha

左注|左註

天平二年七月十日

事項|分類・ジャンル

書簡|奈良|大伴旅人|地名|天平2年7月10日年紀

校異

々【細】婆|智->知【類】【紀】

寛永版本

はろはろに,[寛]はるはるに,
おもほゆるかも[寛],
しらくもの[寛],
ちへにへだてる,[寛]ちへにへたてる,
つくしのくには[寛],

巻数

第5巻

作者

吉田宜

タイトルとURLをコピーしました