万葉集835番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集835番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集835番について

歌番号

835番

原文

波流佐良婆|阿波武等母比之|烏梅能波奈|家布能阿素i尓|阿比美都流可母[藥師高氏義通]

訓読

春さらば逢はむと思ひし梅の花今日の遊びに相見つるかも[藥師高氏義通]

かな読み

はるさらば|あはむともひし|うめのはな|けふのあそびに|あひみつるかも

カタカナ読み

ハルサラバ|アハムトモヒシ|ウメノハナ|ケフノアソビニ|アヒミツルカモ

ローマ字読み|大文字

HARUSARABA|AHAMUTOMOHISHI|UMENOHANA|KEFUNOASOBINI|AHIMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

harusaraba|ahamutomohishi|umenohana|kefunoasobini|ahimitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

梅花宴|高田|高橋|高向|高屋|高安|高|高麗|義道|太宰府|福岡|天平2年1月13日年紀|宴席|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

はるさらば,[寛]はるさらは,
あはむともひし[寛],
うめのはな[寛],
けふのあそびに,[寛]けふのあそひに,
あひみつるかも[寛],

巻数

第5巻

作者

高丘

タイトルとURLをコピーしました