万葉集905番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集905番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集905番について

歌番号

905番

原文

和可家礼婆|道行之良士|末比波世武|之多敝乃使|於比弖登保良世

訓読

若ければ道行き知らじ賄はせむ黄泉の使負ひて通らせ

かな読み

わかければ|みちゆきしらじ|まひはせむ|したへのつかひ|おひてとほらせ

カタカナ読み

ワカケレバ|ミチユキシラジ|マヒハセム|シタヘノツカヒ|オヒテトホラセ

ローマ字読み|大文字

WAKAKEREBA|MICHIYUKISHIRAJI|MAHIHASEMU|SHITAHENOTSUKAHI|OHITETOHORASE

ローマ字読み|小文字

wakakereba|michiyukishiraji|mahihasemu|shitahenotsukahi|ohitetohorase

左注|左註

?右一首作者未詳|但以裁歌之體似於山上之操載此次焉

事項|分類・ジャンル

山上憶良|仏教|儒教|孝養|子供|嘆翮

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わかければ,[寛]わかけれは,
みちゆきしらじ,[寛]みちゆきしらし,
まひはせむ[寛],
したへのつかひ[寛],
おひてとほらせ[寛],

巻数

第5巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました