万葉集900番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集900番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集900番について

歌番号

900番

原文

富人能|家能子等能|伎留身奈美|久多志須都良牟|絁綿良波母

訓読

富人の家の子どもの着る身なみ腐し捨つらむ絹綿らはも

かな読み

とみひとの|いへのこどもの|きるみなみ|くたしすつらむ|きぬわたらはも

カタカナ読み

トミヒトノ|イヘノコドモノ|キルミナミ|クタシスツラム|キヌワタラハモ

ローマ字読み|大文字

TOMIHITONO|IHENOKODOMONO|KIRUMINAMI|KUTASHISUTSURAMU|KINUWATARAHAMO

ローマ字読み|小文字

tomihitono|ihenokodomono|kiruminami|kutashisutsuramu|kinuwatarahamo

左注|左註

天平五年六月丙申朔三日戊戌作

事項|分類・ジャンル

仏教|儒教|老|嘆翮|子供|天平5年6月3日年紀

校異

特に無し

寛永版本

とみひとの[寛],
いへのこどもの,[寛]いへのこともの,
きるみなみ[寛],
くたしすつらむ[寛],
きぬわたらはも[寛],

巻数

第5巻

作者

山上憶良

タイトルとURLをコピーしました