春相聞

万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1935番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1935番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1935番について歌番号1935番原文春去者|先鳴鳥乃|鴬之|事先立之|君乎之将待訓読春さればまづ鳴く鳥の鴬の言先立ちし君をし待たむかな読みはるされば|まづな...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1936番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1936番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1936番について歌番号1936番原文相不念|将有兒故|玉緒|長春日乎|念晩久訓読相思はずあるらむ子ゆゑ玉の緒の長き春日を思ひ暮らさくかな読みあひおもはず|あ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1922番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1922番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1922番について歌番号1922番原文梅花|咲而落去者|吾妹乎|将来香不来香跡|吾待乃木曽訓読梅の花咲きて散りなば我妹子を来むか来じかと我が松の木ぞかな読みう...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1923番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1923番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1923番について歌番号1923番原文白檀弓|今春山尓|去雲之|逝哉将別|戀敷物乎訓読白真弓今春山に行く雲の行きや別れむ恋しきものをかな読みしらまゆみ|いまは...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1924番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1924番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1924番について歌番号1924番原文大夫之|伏居嘆而|造有|四垂柳之|蘰為吾妹訓読大夫の伏し居嘆きて作りたるしだり柳のかづらせ我妹かな読みますらをの|ふしゐ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1925番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1925番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1925番について歌番号1925番原文朝戸出乃|君之儀乎|曲不見而|長春日乎|戀八九良三訓読朝戸出の君が姿をよく見ずて長き春日を恋ひや暮らさむかな読みあさとで...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1926番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1926番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1926番について歌番号1926番原文春山之|馬酔花之|不悪|公尓波思恵也|所因友好訓読春山の馬酔木の花の悪しからぬ君にはしゑや寄そるともよしかな読みはるやま...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1927番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1927番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1927番について歌番号1927番原文石上|振乃神杉|神備|吾八更々|戀尓相尓家留訓読石上布留の神杉神びにし我れやさらさら恋にあひにけるかな読みいそのかみ|ふ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1928番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1928番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1928番について歌番号1928番原文狭野方波|實尓雖不成|花耳|開而所見社|戀之名草尓訓読さのかたは実にならずとも花のみに咲きて見えこそ恋のなぐさにかな読み...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1929番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1929番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1929番について歌番号1929番原文狭野方波|實尓成西乎|今更|春雨零而|花将咲八方訓読さのかたは実になりにしを今さらに春雨降りて花咲かめやもかな読みさのか...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1930番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1930番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1930番について歌番号1930番原文梓弓|引津邊有|莫告藻之|花咲及二|不會君毳訓読梓弓引津の辺なるなのりその花咲くまでに逢はぬ君かもかな読みあづさゆみ|ひ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1931番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1931番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1931番について歌番号1931番原文川上之|伊都藻之花乃|何時々々|来座吾背子|時自異目八方訓読川の上のいつ藻の花のいつもいつも来ませ我が背子時じけめやもか...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1932番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1932番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1932番について歌番号1932番原文春雨之|不止零々|吾戀|人之目尚矣|不令相見訓読春雨のやまず降る降る我が恋ふる人の目すらを相見せなくにかな読みはるさめの...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1933番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1933番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1933番について歌番号1933番原文吾妹子尓|戀乍居者|春雨之|彼毛知如|不止零乍訓読我妹子に恋ひつつ居れば春雨のそれも知るごとやまず降りつつかな読みわぎも...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1934番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1934番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1934番について歌番号1934番原文相不念|妹哉本名|菅根乃|長春日乎|念晩牟訓読相思はぬ妹をやもとな菅の根の長き春日を思ひ暮らさむかな読みあひおもはぬ|い...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1903番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1903番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1903番について歌番号1903番原文吾瀬子尓|吾戀良久者|奥山之|馬酔花之|今盛有訓読我が背子に我が恋ふらくは奥山の馬酔木の花の今盛りなりかな読みわがせこに...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1919番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1919番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1919番について歌番号1919番原文國栖等之|春菜将採|司馬乃野之|數君麻|思比日訓読国栖らが春菜摘むらむ司馬の野のしばしば君を思ふこのころかな読みくにすら...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1904番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1904番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1904番について歌番号1904番原文梅花|四垂柳尓|折雜|花尓供養者|君尓相可毛訓読梅の花しだり柳に折り交へ花に供へば君に逢はむかもかな読みうめのはな|しだ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1920番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1920番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1920番について歌番号1920番原文春草之|繁吾戀|大海|方徃浪之|千重積訓読春草の繁き我が恋大海の辺に行く波の千重に積もりぬかな読みはるくさの|しげきあが...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1905番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1905番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1905番について歌番号1905番原文姫部思|咲野尓生|白管自|不知事以|所言之吾背訓読をみなへし佐紀野に生ふる白つつじ知らぬこともち言はえし我が背かな読みを...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1921番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1921番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1921番について歌番号1921番原文不明|公乎相見而|菅根乃|長春日乎|孤渡鴨訓読おほほしく君を相見て菅の根の長き春日を恋ひわたるかもかな読みおほほしく|き...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1906番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1906番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1906番について歌番号1906番原文梅花|吾者不令落|青丹吉|平城之人|来管見之根訓読梅の花我れは散らさじあをによし奈良なる人も来つつ見るがねかな読みうめの...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1907番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1907番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1907番について歌番号1907番原文如是有者|何如殖兼|山振乃|止時喪哭|戀良苦念者訓読かくしあらば何か植ゑけむ山吹のやむ時もなく恋ふらく思へばかな読みかく...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1908番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1908番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1908番について歌番号1908番原文春去者|水草之上尓|置霜乃|消乍毛我者|戀度鴨訓読春されば水草の上に置く霜の消につつも我れは恋ひわたるかもかな読みはるさ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1909番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1909番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1909番について歌番号1909番原文春霞|山棚引|欝|妹乎相見|後戀毳訓読春霞山にたなびきおほほしく妹を相見て後恋ひむかもかな読みはるかすみ|やまにたなびき...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1910番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1910番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1910番について歌番号1910番原文春霞|立尓之日従|至今日|吾戀不止|本之繁家波|訓読春霞立ちにし日より今日までに我が恋やまず本の繁けば|かな読みはるかす...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1895番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1895番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1895番について歌番号1895番原文春去|先三枝|幸命在|後相|莫戀吾妹訓読春さればまづさきくさの幸くあらば後にも逢はむな恋ひそ我妹かな読みはるされば|まづ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1911番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1911番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1911番について歌番号1911番原文左丹頬經|妹乎念登|霞立|春日毛晩尓|戀度可母訓読さ丹つらふ妹を思ふと霞立つ春日もくれに恋ひわたるかもかな読みさにつらふ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1896番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1896番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1896番について歌番号1896番原文春去|為垂柳|十緒|妹心|乗在鴨訓読春さればしだり柳のとををにも妹は心に乗りにけるかもかな読みはるされば|しだりやなぎの...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1912番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1912番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1912番について歌番号1912番原文霊寸春|吾山之於尓|立霞|雖立雖座|君之随意訓読たまきはる我が山の上に立つ霞立つとも居とも君がまにまにかな読みたまきはる...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1897番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1897番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1897番について歌番号1897番原文春之在者|伯勞鳥之草具吉|雖不所見|吾者見|君之當婆訓読春さればもずの草ぐき見えずとも我れは見やらむ君があたりをばかな読...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1913番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1913番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1913番について歌番号1913番原文見渡者|春日之野邊|立霞|見巻之欲|君之容儀香訓読見わたせば春日の野辺に立つ霞見まくの欲しき君が姿かかな読みみわたせば|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1898番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1898番について歌番号1898番原文容鳥之|間無數鳴|春野之|草根乃繁|戀毛為鴨訓読貌鳥の間なくしば鳴く春の野の草根の繁き恋もするかもかな読みかほどりの|ま...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1914番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1914番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1914番について歌番号1914番原文戀乍毛|今日者暮都|霞立|明日之春日乎|如何将晩訓読恋ひつつも今日は暮らしつ霞立つ明日の春日をいかに暮らさむかな読みこひ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1899番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1899番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1899番について歌番号1899番原文春去者|宇乃花具多思|吾越之|妹我垣間者|荒来鴨訓読春されば卯の花ぐたし我が越えし妹が垣間は荒れにけるかもかな読みはるさ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1915番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1915番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1915番について歌番号1915番原文吾背子尓|戀而為便莫|春雨之|零別不知|出而来可聞訓読我が背子に恋ひてすべなみ春雨の降るわき知らず出でて来しかもかな読み...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1900番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1900番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1900番について歌番号1900番原文梅花|咲散苑尓|吾将去|君之使乎|片待香花光訓読梅の花咲き散る園に我れ行かむ君が使を片待ちがてりかな読みうめのはな|さき...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1916番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1916番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1916番について歌番号1916番原文今更|君者伊不徃|春雨之|情乎人之|不知有名國訓読今さらに君はい行かじ春雨の心を人の知らずあらなくにかな読みいまさらに|...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1901番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1901番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1901番について歌番号1901番原文藤浪|咲春野尓|蔓葛|下夜之戀者|久雲在訓読藤波の咲く春の野に延ふ葛の下よし恋ひば久しくもあらむかな読みふぢなみの|さく...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1917番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1917番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1917番について歌番号1917番原文春雨尓|衣甚|将通哉|七日四零者|七不来哉訓読春雨に衣はいたく通らめや七日し降らば七日来じとやかな読みはるさめに|ころも...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1902番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1902番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1902番について歌番号1902番原文春野尓|霞棚引|咲花乃|如是成二手尓|不逢君可母訓読春の野に霞たなびき咲く花のかくなるまでに逢はぬ君かもかな読みはるのの...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1918番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1918番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1918番について歌番号1918番原文梅花|令散春雨|多零|客尓也君之|廬入西留良武訓読梅の花散らす春雨いたく降る旅にや君が廬りせるらむかな読みうめのはな|ち...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1890番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1890番について歌番号1890番原文春|鴬|鳴別|益間|思御吾訓読春山の友鴬の泣き別れ帰ります間も思ほせ我れをかな読みはるやまの|ともうぐひすの|なきわかれ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1891番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1891番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1891番について歌番号1891番原文冬隠|春開花|手折以|千遍限|戀渡鴨訓読冬こもり春咲く花を手折り持ち千たびの限り恋ひわたるかもかな読みふゆこもり|はるさ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1892番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1892番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1892番について歌番号1892番原文春山|霧惑在|鴬|我益|物念哉訓読春山の霧に惑へる鴬も我れにまさりて物思はめやもかな読みはるやまの|きりにまとへる|うぐ...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1893番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1893番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1893番について歌番号1893番原文出見|向岡|本繁|開在花|不成不止訓読出でて見る向ひの岡に本茂く咲きたる花のならずはやまじかな読みいでてみる|むかひのを...
万葉集|第10巻の和歌一覧

万葉集1894番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1894番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1894番について歌番号1894番原文霞發|春永日|戀暮|夜深去|妹相鴨訓読霞立つ春の長日を恋ひ暮らし夜も更けゆくに妹も逢はぬかもかな読みかすみたつ|はるのな...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1462番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1462番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1462番について歌番号1462番原文吾君尓|戯奴者戀良思|給有|茅花手雖喫|弥痩尓夜須訓読我が君に戯奴は恋ふらし賜りたる茅花を食めどいや痩せに痩すかな読みあ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1463番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1463番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1463番について歌番号1463番原文吾妹子之|形見乃合歡木者|花耳尓|咲而盖|實尓不成鴨訓読我妹子が形見の合歓木は花のみに咲きてけだしく実にならじかもかな読...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1448番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1448番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1448番について歌番号1448番原文吾屋外尓|蒔之瞿麥|何時毛|花尓咲奈武|名蘇經乍見武訓読我がやどに蒔きしなでしこいつしかも花に咲きなむなそへつつ見むかな...
タイトルとURLをコピーしました