万葉集1919番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1919番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1919番について

歌番号

1919番

原文

國栖等之|春菜将採|司馬乃野之|數君麻|思比日

訓読

国栖らが春菜摘むらむ司馬の野のしばしば君を思ふこのころ

かな読み

くにすらが|はるなつむらむ|しまののの|しばしばきみを|おもふこのころ

カタカナ読み

クニスラガ|ハルナツムラム|シマノノノ|シバシバキミヲ|オモフコノコロ

ローマ字読み|大文字

KUNISURAGA|HARUNATSUMURAMU|SHIMANONONO|SHIBASHIBAKIMIO|OMOFUKONOKORO

ローマ字読み|小文字

kunisuraga|harunatsumuramu|shimanonono|shibashibakimio|omofukonokoro

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|吉野|地名|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

くにすらが,[寛]くにすらか,
はるなつむらむ,[寛]わかなつむらむ,
しまののの,[寛]しはののの,
しばしばきみを,[寛]しはしはきみを,
おもふこのころ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました